• 文字サイズ
  • 小さい文字サイズ
  • デフォルトの文字サイズ
  • 大きい文字サイズ
よくあるお問い合わせ
資料請求・加入申込はこちら
eフレンズにログイン

join_banner_side.gif


main-apie-side..gif

安全のしくみ - どんなしくみで安全が守られているのかな?

食品安全プログラム

食品リスクは事故以外に事件なども発生し、多様化、多面化しています。
「~があるから安全」「~がないから危険」ではなく、多様化した現状のリスクに対応した総合的な管理が求められています。
商品検査による科学的検証や産地、工場点検などの社会的検証、品質管理に安全管理を追加し、農場や産地やから食品工場、流通、お届けまで、そしてその後の対応も含めた総合的な管理プログラムとして、「食品安全プログラム」を策定しました。

食品安全を担保する「3つの確かさ」

確かな基準

●食品安全基本法や食品衛生法、JAS法や食品表示法などの関連法令を順守します。

●法令の上積みや補完、独自に必要と考える分野に自主基準を設定します。

確かな管理

●商品の調達からお届け、その後の対応など、すべての工程において品質管理および安全管理上の必要な管理項目を明確にし、管理内容を策定します。

●項目ごとの管理内容を適切に実施し、リスク評価によって抽出された重点管理項目を監視します。

確かな改善

●重点管理項目を監視し、不適合に関しては是正し、その内容は共有化し、レビューします。

●プログラムの内容や実施状況、および是正についての適切性を総合マネジメントシステムで定期的に監査し、継続的改善につなげます。

●組合員の声や要望を日常的に収集し、とりくみの改善につなげます。また直に交流する場を設定し、食品安全プログラムに反映します。

リスクアナリシスの考え方を基本とします

リスクアセスメント(リスク評価) リスクコミュニケーション(意見交換) リスクマネジメント(リスク管理)

ページトップへ

組合員コミュニケーション企画

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
izumi-coop-top-footer.png 〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2-2-15 フリーダイヤル:0120-031-001
copyright