材料が揃う、毎日ごはんの献立サイト

kv

10月1回の商品で作る今週の投稿ごはん

「かやくご飯とふわふわ鶏の照り焼き」

ごはんと主菜を炊飯器で同時調理!「かやくご飯とふわふわ鶏の照り焼き」

一緒に食べたのは、オニオンスライスの鰹節ポン酢、パプリカとキュウリと人参のピクルス

この献立のポイントは

●さーくぴさんの投稿より

「時短・簡単大好き☆手抜きに見えそうでボリューミー! 炊飯している間に他の用事ができます。ごはんに鶏の旨みが余すところなく吸収されます。ワンプレートに盛り付けてカフェ風にしたり、かやくごはんの上に鶏もも肉を乗っけても美味しいです。 かやくごはんの素は濃い目の味付けの美味しい調味液で、おこげの取り合いになりました(笑)。」

材料(3人分)

具だくさんかやくごはんの素(きのこ入)2合用 1袋
2合
鶏モモ肉 1枚(200g程度)
麺つゆ 大さじ1
付け合わせ野菜 千切りキャベツなどお好みで

作り方

①洗った米と、ふだん白米を炊く時の量の水と、かやくごはんの素を入れ、味がなじむようにかき混ぜる。
②鶏もも肉の皮の方にフォークや竹串で穴を開ける。(皮が縮まないように)
③炊飯スイッチを押す前に鶏モモ肉1枚を乗せて スイッチを入れる。
④炊き上がったら 鶏もも肉だけを取り出し、薄く油を引いたフライパンで皮の方から焼いて軽く焦げ目をつける。
⑤火を小さくして麺つゆを入れ照りが出たら取り出し、食べやすい大きさに切って、付け合わせ野菜とともに盛り付ける。
※④は、鶏もも肉は完全に火が通っているので焦げ目をつけるだけでOK! 焦げ目を付けると食欲を刺激します。もちろん焼かなくても美味しいですがそこは一手間かけましょう(笑)。適度にジューシーでパサパサしません。(さーくぴさん)
レシピ一覧へ戻る