くらしに笑顔お届けします 大阪いずみ市民生活共同組合
くらしに笑顔お届けします 大阪いずみ市民生活共同組合
  • 資料請求・加入お申込み
  • コープラボ たべるたいせつミュージアム
  • eフレンズ eフレンズ eフレンズ

牛肉トレーサビリティシステム

国産牛肉の生産流通情報を確認するには?

2004年12月1日より、「牛の個体識別のための情報の管理および伝達に関する特別措置法(通称「牛肉トレーサビリティ法」)が施行され、国内で飼養された牛の精肉には牛の個体識別番号(またはロット番号)が表示されています。 個体識別番号が印字されている商品は「家畜改良センター」へ、ロット番号が印字されている商品は下記をご参考いただき、生産流通履歴をご確認ください。

個体識別表示ラベルのついたもの

トレーサビリティ_差替えラベル画像.jpg → 家畜改良センター(http://www.nlbc.go.jp/)へ ※新しいウインドウで開きます

ロット番号表示ラベルのついたもの

固体識別表示のついたラベル例 → 【全農】国産牛肉トレーサビリティシステム http://tr1.zennoh.or.jp/bt/cs/
それ以外はこちらのPDFファイルより固体識別番号を確認し、「家畜改良センター」へ
→ 家畜改良センター(http://www.nlbc.go.jp/)へ ※新しいウインドウで開きます

牛肉トレーサビリティー法について

国内で飼養された牛の精肉には牛の個体識別番号(またはロット番号※1)が表示されます。

※1 ロット番号とは、加工者が任意に(個体識別番号の集合を一つとして)番号を設定したものです。

トレーサビリティ法って何?

国産牛肉に対する消費者の信頼確保を図るため、「牛の個体識別のための情報および伝達に関する特別措置法」が、牛の管理者、およびと畜者を対象とした生産・と畜段階について、2003年12月1日から施行されました。1年間の準備期間をおいて、2004年12月1日から、牛肉の販売業者などを対象とする流通段階においても施行されることになります。これにより、食肉小売店などでは、個体識別番号(又はロット番号)の表示と帳簿の備え付けによる仕入れに関わる情報などの記録・保存が義務づけられます。

生産者

産まれた牛に耳標(10桁の個体識別番号が印字されたもの)を装着します。牛の性別や種別に加え、出生から肥育を経て、と殺までの飼養地などをデータベースに記録します。

流通・小売業者・生協

牛がと殺され、牛肉となってから枝肉・部分肉・生肉と加工され、流通していく過程で、番号表記と取り引きの記録を残していきます。

消費者・組合員

牛の出生から消費者に供給されるまでの追跡と、販売される精肉などの個体識別番号(ロット番号)からさかのぼって生産流通履歴を確認できます。

TOP