毎日ごはんの献立サイト

kv

かきと白菜の和風しょうがあん/白菜のとろとろ雑炊

主菜かきと白菜の和風しょうがあん 副菜白菜のとろとろ雑炊

この献立のポイントは

しょうがの辛み成分ジンゲロンは身体を温め、血行を改善する効果が有ります。冷え性改善や風邪の予防に色んな料理に使いたいですね。

材料(4人分)

かき(むき身、加熱用) 20個(約360g)
白菜 500g
人参 1/2本
しいたけ 4枚
A
 だし 1カップ
 しょうゆ 小さじ2
B
 酒、しょうゆ、みりん 各大さじ1
 塩 小さじ2/3
おろししょうが 小さじ2(お好みで調整)
水溶き片栗粉
 片栗粉 大さじ2
 水 大さじ2

作り方

①かきはザルに入れ、塩水(水3カップに塩大さじ1程度)の中でやさしくふり洗いして汚れを落とし、ペーパータオルの上にのせて水分を取る。
②白菜は食べやすい大きさにざく切りし、芯と葉の部分にだいたい分けておく。人参は薄い短冊切りにし、しいたけは石づきを取って薄切りにする。
③深めのフライパン(または鍋)に白菜の芯部分、人参、しいたけ、Aを加え、ふたをして中火で3~4分ほど蒸し煮にする。次に白菜の葉の部分を入れ、ふたをして3分ほど煮る。
④③にBを加えてざっと混ぜ、かきを入れてふたをし、ふっくらと火が通るまで煮る。おろししょうがを加えてひと混ぜし、水溶き片栗粉でとろみをつける。
調理ワンポイント
※野菜から出る水分量によって多少違いが出るので、水溶き片栗粉は様子を見ながら加えて、お好みのとろみ加減に仕上げてください。

材料(1人分)

ご飯 茶碗1杯分(140~150g)
白菜 80g~100g(葉の大きさによるが1~2枚目安)
鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
300cc
薄口しょうゆ 大さじ1/2
少々
溶き卵 1個分
小ねぎ(お好みで) 適量
一味唐辛子、または七味唐辛子(お好みで) 適量

作り方

①白菜を1cm幅程度の細切りにする(煮込むとかさが減るので、いっぱい使っても大丈夫です)。
②1人用の土鍋(なければちょうど良いサイズの調理鍋)に分量の水と鶏ガラスープの素を入れて火にかけ、煮立ってきたら薄口しょうゆ、塩を入れて味を調える。
③ご飯を入れてほぐし、その上に白菜をのせてふたをし、弱火でコトコト15分ほど煮込む(白菜が柔らかく煮えればOK。底が焦げないように気を付ける)。味をみて、好みで塩かしょうゆ(分量外)で調味する。
④溶き卵をまわし入れ、ふたをして一呼吸おいてから火を止め、1分ほど余熱で蒸らし卵に火を通す。お好みで仕上げに小ねぎの小口切りを散らし、一味唐辛子、または七味唐辛子を添える。
レシピ一覧へ戻る