毎日ごはんの献立サイト

kv

石狩鍋/ごぼうのごま酢和え

主菜石狩鍋 副菜ごぼうのごま酢和え

この献立のポイントは

石狩鍋は、寒い北海道の冬を乗り切る冬の代表的な郷土料理で、生鮭を主材料とし味噌で調味した鍋です。三平汁は塩鮭を使いますが、石狩鍋は味噌仕立てで生鮭を使い、酒粕を好みで入れます。

材料(4人分)

甘塩鮭 480g
大根 600g
じゃがいも 300g
こんにゃく 1枚
長ねぎ 1本
白菜 1/4株
煮汁
 だし汁 6カップ
 信州味噌 80g
 みりん 大さじ3
 酒粕 150g

作り方

①酒粕はだし汁1カップで柔らかく戻しておく。
②じゃがいもは一口大に切り、軽く下茹でしておく。長ねぎはぶつ切り、大根は3~4cm長さの拍子切りにする。白菜は葉と芯に分け、ざく切りにする。
③こんにゃくは一口大にスプーンなどでちぎり、さっと熱湯で茹でておく。鮭は食べやすい大きさに切る。
④鍋に残りのだし汁を入れて火にかけ、②とこんにゃくを入れる。ほぼ野菜が煮えたら鮭を加え、アクを取る。信州味噌と①を溶き入れ、みりんを加えて10~15分ほど煮込む。汁ごと取り分けながらいただく。

材料(4人分)

ごぼう  80g
和風だし 1/2カップ
みりん、薄口しょうゆ 各少々
A
 すりごま(白) 大さじ2
 薄口しょうゆ 小さじ1
 砂糖 小さじ1
 酢 小さじ2

作り方

①ごぼうは包丁の背で皮をこそげて洗い、厚めの短冊切りにする。酢少々(分量外)を加えた水に3~4分浸けておく。
②和風だしを鍋に入れ、みりんと薄口しょうゆを加え、ごぼうの水気をよくきって鍋に入れる。歯応えが残る程度に煮て、ザルにあげる。
③ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、ごぼうを加えてよく和える。
レシピ一覧へ戻る