毎日ごはんの献立サイト

kv

ひつまぶし/根菜の温サラダ 練りごまソース

主菜ひつまぶし 副菜根菜の温サラダ 練りごまソース

この献立のポイントは

ひつまぶしは、人気の名古屋めしのひとつですが、価格の高いうなぎを鰻の蒲焼丼よりも少ない量で楽しめるうなぎ料理です。1杯目は鰻丼として食べ、2杯目はワサビや刻み海苔・刻みネギなどの薬味をかけて食べ、3杯目は出汁やお茶などで食べ、味の変化を楽しみながら食べます。

材料(4人分)

きざみうなぎ 200g
うなぎのタレ(添付のもの) 適量
温かいご飯 丼2杯分(1杯250g)
小ねぎ 4本
わさび 適量
刻みのり 適量
かつおだし 4カップ

作り方

①きざみうなぎは湯せんであたためる。
②小ねぎは小口に切り、わさび、刻みのりと共に薬味入れに盛る。
③おひつに炊き立てのご飯を移す。①をのせ、添付のタレをまわしかける。
④だし汁は温め、きゅうすに入れておく。
【食べ方】
●おひつから茶碗によそって、そのままいただく。
●小ねぎ、わさび、のりをお好みの量のせ、いただく。
●小ねぎ、わさび、のりをお好みの量のせ、きゅうすに入れておいたあつあつのだしをまわしかけて、いただく。

材料(4人分)

大根 10cm
人参 1本
ごぼう 1本
れんこん 小1節
ブロッコリー 1/2株
A
 練りごま 大さじ2
 めんつゆ 大さじ1
 水 大さじ3
 酢 小さじ2
 豆板醤 小さじ1/2

作り方

①大根、人参は皮をむき、縦長の乱切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。ごぼうは皮をむき、3~4cm長さの斜め切りにして、酢水(分量外)に浸けてアクを抜く。れんこんは皮をむき、1cm幅の半月切りにする。酢水(分量外)に浸けてアクを抜く。
②①のごぼうの水気をきり、人参と一緒にビニール袋に入れ、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
③②のビニール袋に①の大根、水気をきったれんこんを加え、電子レンジ(600W)でさらに5分加熱する。
④③のビニール袋に①のブロッコリーを加え、電子レンジ(600W)でさらに1分加熱する。
⑤Aを合わせて、練りごまソースを作る。
⑥④を器に盛り付け、⑤をたっぷりかける。
調理ワンポイント
※調理に時間のかかる根菜を、電子レンジとビニール袋を使って手早くサラダに出来ます。固い野菜を先に加熱し、柔らかい野菜を加えながら時間差で加熱していくことがポイントです。
レシピ一覧へ戻る