毎日ごはんの献立サイト

kv

広島風お好み焼き/水菜とレタスのチョレギサラダ

主菜広島風お好み焼き 副菜水菜とレタスのチョレギサラダ

この献立のポイントは

広島風お好み焼きは、広島を代表するご当地グルメですが、現地ではお好み焼きと言います。「重ね焼き」とも言われるように様々な具を重ねるように焼きますが、生地も卵も混ぜ過ぎないようにするのがポイントです。

材料(4人分)

キャベツ 中1個
小ねぎ 1/2把
もやし 2袋
特製いか天入り天かす天華 40g
豚コマ切 200g
かつお削り節(小パック) 2袋
中華麺 4玉
4個
塩・こしょう 各適量
お好み焼きソース 適量
A
 小麦粉 1と1/2カップ
 水 1カップ
 卵 1個
 かつおだし(粉末)  小さじ1
 塩 小さじ1/2
 こしょう 少々

作り方

①お好み焼きの生地を作る。Aをボウルに合わせ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
②キャベツは1~2cm幅の細切りにし、小ねぎは小口切り、もやしは根を取っておく。
③ホットプレートを中温~高温に熱し、お玉一杯分の①の生地を流し入れ、生地の中心からお玉の底をくるくるとまわし広げる(直径約20cm位)。塩、こしょう、かつお削り節、小ねぎ、天華を1/4量ずつのせ、その上にキャベツ、もやしの1/4量を山盛りにのせる。
④③に豚肉の1/4量を手で広げながらのせる。下に敷いた生地がこんがりとキツネ色になったら、①の生地をお玉1/2量くらいとり、豚肉の上から全体にまわしかけ、ヘラでひっくり返す。上からヘラで押さえつけ、野菜を蒸し焼きにする。
⑤お好み焼きを端によせ、中華麺をホットプレートにのせる。水少々を加えてほぐし、お好み焼きソースを全体に絡める。焼けたら皿にとっておく。
⑥ホットプレートに卵1個を割り入れ、ヘラで黄身をつぶし、③で焼いた生地と同じくらいの大きさに広げる。
⑦⑥の卵の上に、⑤の中華麺をのせ、その上に④をのせてヘラで押さえつける。
⑧⑦をひっくり返し、お好み焼きソース適量をかける。
調理ワンポイント
※広島風お好み焼きは、野菜がたっぷりのった生地をひっくり返すところが最大のポイントです。大きめのヘラを2本使い、焦らずにゆっくりと返しましょう。具材がバラバラに散っても、生地の下に入れ込んでしまえば大丈夫です。

材料(4人分)

水菜 1袋
レタス 4枚
2個
A
 コチュジャン 小さじ4
 酢 大さじ2
 ごま油 大さじ2
 薄口しょうゆ 大さじ2
いりごま(白) 小さじ2
韓国のり 適量

作り方

①水菜、レタスは洗い、氷水に放す。
②卵は固ゆでにし、ザルで裏ごしする。
③Aを大きめのボウルに合わせ、ドレッシングを作る。
④①の野菜がシャキッとしたらザルにあげる。水菜は3~4cm長さに切り、レタスは食べやすい大きさにちぎる。キッチンペーパーでどちらもしっかりと水気を取る。
⑤③のボウルに④を入れてざっくりと和える。器に盛り付け、②、いりごま、韓国のりを散らす。
調理ワンポイント
※韓国焼肉店などで定番のチョレギサラダを、家庭でも出来るようにアレンジしました。ドレッシングで和えるサラダなので、野菜の水気をしっかりと除くことが美味しく作るポイントです。
レシピ一覧へ戻る