毎日ごはんの献立サイト

kv

ソーセージとりんごの煮込み/ポテトサラダ

主菜ソーセージとりんごの煮込み 副菜ポテトサラダ

この献立のポイントは

ソーセージは、ドイツ語ではヴルスト(Wurst)と呼び、地方ごとに多種多様な形態があります。今日は、ラップとチャック付きビニル袋を使って、湯煎して固くなりすぎないように加熱するのがポイントです。

材料(4人分)

味の主演ボロニアソーセージ 315g
りんご 2個
玉ねぎ 1/2個
プルーン(種なし) 12個
レモン(輪切り) 4枚
青森りんごジュース 1/2カップ
固形スープの素 1/2個
1/2カップ
バター 20g
塩、こしょう 各少々
パセリ(みじん切り) 適量

作り方

①りんごは6つ割りにして皮と芯を取り除き、塩水に浸けてから5mmの厚さに切る。玉ねぎは横むきに5mmの厚さに切る。ソーセージは食べやすく切る。
②鍋にバターを溶かし、玉ねぎをしんなりするまで炒める。りんごを加え、さらに炒める。
③ソーセージ、プルーン、レモン、りんごジュースを加える。分量の湯でスープの素を溶かして加え、ふたをして約20分煮る。
④塩、こしょうで調味し、器に盛ってパセリのみじん切りを散らす。

材料(4人分)

じゃがいも(男爵) 中4個(正味440g)
玉ねぎ 1/2個
きゅうり 1本
人参 8cm(正味60g)
ハム 4枚
ゆで卵(固茹で) 2個
A
 酢 大さじ1
 塩 2g
 こしょう 少々
マヨネーズ 大さじ4(お好みで調整)
塩、こしょう 各少々

作り方

①じゃがいもは皮をむいて1.5cm幅の半月切りにし4~5分水にさらす。鍋に水気をきったじゃがいもとかぶるぐらいの水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にしてふたをし、竹串がすっと通るまで茹でる。
②①をザルにあげて湯をきり、鍋に戻し入れる。中火にかけて鍋を揺すりながら粉ふきにし、ボウルに移して熱いうちにざっくりつぶす。Aを全体にまぶして混ぜ、そのまま冷ます(いものごろごろ感を残すか、しっかりつぶすかはお好みで調整する)。
③玉ねぎは薄切りにしてボウルに入れ、塩少々をふってもむ。小口切りにしたきゅうりを加えてざっと混ぜ、5分ほどおいて水にさらし、水気をしっかり絞る。
④人参は薄いいちょう切りにし、熱湯でさっと茹でて水気をきる。ハムは3等分に切って8mm幅の短冊切りにし、茹で卵は粗く刻む。
⑤冷めたじゃがいもに③、④を合わせ入れ、マヨネーズを加えて和える。味をみて、塩、こしょうで調える。
レシピ一覧へ戻る