毎日ごはんの献立サイト

kv

巻き寿司(恵方巻き)/いわしのつみれ汁

主菜巻き寿司(恵方巻き) 副菜いわしのつみれ汁

この献立のポイントは

明日は、いよいよ節分ですね。節分とは本来、季節を分ける日を指します。日本では立春は1年のはじまりとして、尊ばれたため、室町時代以降は大晦日にあたる節分に、豆をまいて悪鬼を追い出す行事が定着したそうです。今年の恵方は南南東です。

材料(4人分)

温かいご飯 茶碗4杯分
寿司酢(市販) 大さじ3
うなぎ蒲焼 1尾
ほうれん草 1/4把
人参 1/3本
めんつゆ(ストレート) 小さじ1
3個
A
 めんつゆ(ストレート) 大さじ1
 砂糖 小さじ1
サラダ油 適量
焼きのり 4枚

作り方

①ご飯は温かいものを飯台にあけ、分量の寿司酢を加える。うちわで扇ぎながら木じゃくしで切るように混ぜ合わせる。
②うなぎの蒲焼は縦1~2cm幅に切る。
③ほうれん草は熱湯で茹で、水にさらす。人参は1cm幅の縦長に切り、柔らかくなるまで茹でる。どちらの野菜も水気をきり、分量のめんつゆをかける。
④卵はボウルに割り入れ、Aで調味してほぐす。フライパンにサラダ油を薄くひき、卵液を少しずつ流しながら長細めの卵焼きを作る。粗熱が取れたら縦4等分に切っておく。
⑤巻きすを広げ、焼きのりをおく。①のご飯を4等分してのせ、②、③、④の具材をのせ手前からしっかりと巻く。残りも同様にして作る。

材料(4人分)

真いわし開き 4尾(300g程度)
しょうが 1片
A
 片栗粉 大さじ1
 味噌 大さじ1
 塩 少々
ごぼう 1/4本
だし汁 6カップ
B
 酒 大さじ1
 薄口しょうゆ 大さじ1/2
 塩 小さじ1/4
三つ葉 2本

作り方

①いわしは頭を落とし、内臓を除いて水洗いする。骨に沿って指を入れて手で開き、骨を除く。小骨も一緒に包丁で細かくたたく。
②しょうがは皮をむいてすりおろし、絞り汁をとっておく。ごぼうは泥をたわしで洗い、細かいささがきにする。酢水に浸けてアクを抜く。
③①、A、しょうがの絞り汁だけをすり鉢に入れ、なめらかになるまですり合わせる。ごぼうを加えて混ぜる。
④分量のだし汁を鍋に熱し、③をスプーンなどで丸く形作って入れる。火が通るまで煮たらBで調味する。器に盛り付け、三つ葉のざく切りを散らす。
レシピ一覧へ戻る