毎日ごはんの献立サイト

kv

たけのこご飯/たけのこのえびはさみ焼き

主菜たけのこご飯 副菜たけのこのえびはさみ焼き

この献立のポイントは

皮付きたけのこを美味しく茹でるコツは、皮を何枚か残して切れ目を入れて、米ぬかを入れた水でじっくりと茹でます。たけのこは、穂先が柔らかく、根元に近づくほど固いため、料理によって使い分けをしましょう。

材料(4人分)

2合
国産新物ボイルたけのこ(カット) 150g
油揚げ 1枚
だし汁 2カップ
A
 酒 大さじ1
 しょうゆ 大さじ2
木の芽 適量(あれば)

作り方

①米は炊く30分前に洗って炊飯器に入れ、分量のだし汁を加えて浸けておく。
②たけのこは2cm長さで、1cm幅くらいの薄い短冊切りにする。
③油揚げは縦半分に切って横に5mm幅に切り、たけのこと一緒にAに10分ほど漬けておく。
④①に③を漬け汁ごと加えて軽く混ぜ、スイッチを入れる。炊き上がったらさっくりと混ぜ、器に盛って、あれば木の芽を添える。

材料(4人分)

和歌山の生たけのこ(ヌカ付き)根元の部分 400g
大さじ2
木の芽 適量
片栗粉 適量
サラダ油 大さじ2
タネ
 むきえび 200g
 ねぎ(みじん切り) 大さじ2
 しょうが(搾り汁) 少々
 酒 大さじ1
 しょうゆ 小さじ1
 塩 少々
タレ
 しょうゆ 大さじ2
 酢 大さじ2

作り方

①生たけのこはアク抜きをし、厚さ5mmに切る。
②タネを作る。えびは解凍し、包丁で細かくたたき、ボウルに入れる。残りのタネの材料を全て入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
③たけのこをまな板に並べ、茶こしなどで薄く片栗粉をふる。たけのこを2枚一組にしてタネを等分にのせ、片栗粉の面を内側にして挟む。表面にも薄く片栗粉をまぶす。
④フライパンにサラダ油を中火で熱し、タネを挟んだたけのこを並べて両面を焼く。水をさし、ふたをして弱火で3分ほど蒸し焼きにし、タネの中まで火を通す。
⑤器に盛り、木の芽を手の平にのせてパンとたたいて香りを出し、たけのこにのせる。しょうゆ、酢を混ぜ合わせ、タレとして添える。
レシピ一覧へ戻る