毎日ごはんの献立サイト

kv

旬野菜の豚肉巻き/えんどう豆と桜えびのおこわ風

主菜旬野菜の豚肉巻き 副菜えんどう豆と桜えびのおこわ風

この献立のポイントは

桜えびは、禁猟期間が長く、春の漁は3月中旬~6月初旬、秋の漁は10月下旬~12月下旬のみというとても貴重なえびです。殻に旨みが凝縮されていて、殻はとても柔らかく殻ごと食べられるのも特徴の一つです。旬の時期は、生の桜えびの美味しさを味わってください。

材料(4人分:12個分)

薩摩もちもち豚ロースしゃぶしゃぶ用 12枚(約160g)
塩、こしょう 各少々
アスパラガス 8本
人参 60g
大さじ1
ごま油 小さじ2
タレ(A)
 しょうゆ 大さじ4
 酢 大さじ2
 砂糖 小さじ2
 ごま油 大さじ1
 豆板醤 小さじ1
ねぎ(みじん切り) 大さじ4
おろししょうが 小さじ2
レモン、お好みの付け合わせ野菜(あれば) 各適量

作り方

①アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、ピーラーなどではかまと下部分の皮を薄くむいて、長さを3等分に切る。人参は5cm長さ程度の千切りにしておく。アスパラガスと人参を合わせて12等分する。
②まな板に解凍した豚ロースを広げて並べ、塩、こしょうをふり、手前に①の野菜を置いて巻き込む。
③耐熱皿に②の巻き終わりを下にして並べ、酒、ごま油をふり、ラップをふんわりかぶせて電子レンジ(600W)で約2~3分加熱する(豚肉、アスパラガスに火が通っているか確認しながら加減する)。
④かけダレを作る。Aをボウルに入れてよく混ぜ、ねぎ、おろししょうがを加えて混ぜ合わせる。
⑤器に③の汁気をきって盛り付け、④をかける。あればレモンや付け合わせ野菜を添える。

材料(4人分)

1と1/2合
餅米 1/2合
紀州うすい(えんどう豆)(むき身) 150g
駿河湾産冷凍生桜えび(生食用) 40g
2カップ
小さじ1
大さじ1

作り方

①えんどう豆はさやから豆を取り出してさっと水洗いする。鍋に分量の水と塩を入れて煮立て、豆を入れて弱火にし、ふたをして5~6分煮る。火を止め、茹で汁に浸けたまま冷ます。茹で汁は捨てないでとっておく。
②米と餅米を合わせてとぎ、ザルにあげて20~30分ほどおいて水気をきる。
③炊飯器に②の米と酒を入れ、①の茹で汁を2合の目盛りまで入れる(少なければ水を足す)。解凍した桜えびを加え、普通に炊飯する。
④炊き上がったら、えんどう豆を加えて5分ほど蒸らし、しゃもじでさっくりと混ぜ合わせて茶碗に盛る。
※茹でたえんどう豆は、煮汁の中でゆっくり冷ますことで、豆にシワが寄らずふっくらと仕上がります。
レシピ一覧へ戻る