理事会だより

事業・経営の状況

2022年2月末の実績(2021.4~累計)

組合員数

558,512世帯

出資金総額

160億573万円

供給事業

926億4,947万円

( 宅配事業)

601億9,364万円

( 店舗事業) 227億3,206万円
( カタログサービス事業)

40億9,346万円

( 夕食宅配事業) 13億8,057万円
(エネルギー・通信事業) 42億4,973万円
福祉事業 12億6,630万円
その他事業収入 21億9,010万円
総事業高 961億588万円
経常剰余金累計 51億6,710万円

理事会での報告・協議・決定事項より―3月度

協議・決定した事項

みなし自由脱退対象者の件

定款、および住所不明組合員の脱退手続きに関する規約や基準に基づき、2,718名の組合員を2022年3月31日付けでみなし自由脱退とします。

「2050ゼロエミッション宣言」を一部改定し、2030年度までの行動計画(アクションプラン)を策定しました。

2022年度SDGsとりくみ方針を策定しました。

個人情報の保護に関する法律」の改定(4月1日施行)に伴い「個人情報の保護に関する方針」を改定しました。


⑤ 取次供給基本約款の改定、およびコープガスの新たな5メニューの個別約款4種を新設しました。(既存3メニューは新規の受付を停止します)


ロシア軍によるウクライナ侵攻への緊急声明の件

  ロシア軍によるウクライナ侵攻と核兵器使用の示唆に対し、3月2日付でロシア政府に対する抗議声明をホームページ等で発信し、ロシア大使館に抗議文を送付しました。


ユニセフ ウクライナ緊急募金(3月~4月)にとりくみます。


⑧ 消費者支援機構関西(KC's)への寄付の件

  消費者被害の未然防止と被害者救済に対応する専任弁護士配置のための活動支援として、2022年度分の特別会費240万円を拠出します。


「期間限定裁判の新設に反対する声明」に賛同し、いずみ市民生協として団体署名します。


産直産地について、6産地4品目を新規登録し、2産地4品目を解除します。


報告・確認した事項

コープのらくらくショッピングカーを、2022年度3店舗で新規展開します。

  コープ泉佐野店(8月予定)、コープ貝塚店(11月予定)、コープ和泉中央店(2月予定)


10~12月によびかけたユニセフ募金に2,091,054円の募金が寄せられました。

 そのうち1/2を新型コロナウイルス緊急募金として送金します。

 ※1回目(7月30日送金済)とあわせて、6,853,496円となりました。


第12回食品安全プログラムの組合員コミュニケーション企画を、5月17日、21日にオンラインで開催します。

  
  
TOP